麗人悩み~女性の疑問を解決

女性の悩み、妊娠・出産や恋愛などへの新鮮な情報。また、妊娠時の栄養補給への葉酸サプリ上手に利用する方法をご紹介しています。容姿の美しい女性、麗人にも悩みはあります。

妊娠

プライベート出産で変わるのか?日本の出産方法と病院選びの実態

妊娠、出産は子育て同様文化と言え、病院選びも時代とともに変遷。昔はプライベート出産が主流で、1950年以降は病院での出産が増加。最近無痛分娩が問題となりましたが、LDRなど多様な出産方法があります。

出産予定日の計算方法~私、妊娠したのかしら?

出産日を正確に予測することは困難ですが、月経周期が比較的安定していれば予定日の前後2週間以内です。妊娠の兆候がなくても、妊婦のつもりで生活しましょう。市販の妊娠検査薬は正しく使えばかなり正確です。

妊娠1~2ヵ月に注意すべき生活習慣を健診でアドバイスを受ける

妊娠して最初の健診では、質問や心配事を前もって書き出し、受診時にその場でメモを取れるように筆記用具を用意しましょう。在職であれば上司と今後の相談も必要です。無理をしない、手伝ってもらうなども大切。

安全に出産するための妊娠中の栄養バランスの良い食習慣

食習慣は変えられます。安全に出産するためには、健康的な食事を取るための8か条を参考に妊娠中の栄養バランスを考えた良い食習慣を心がけましょう。又、妊娠中のサプリメントは摂取基準を守ることも大切。

妊娠の確率を上げるなら必ず知っておきたい妊活のコツ

加齢に伴う妊娠の確率低下は、卵子の数と質が関わっています。妊娠・出産できる年齢にはリミットがあるのです。妊活のコツは血流を改善し体の隅々まで熱と栄養を届けること。めぐり改善サプリがあります。

妊活のためのライフスタイルのための鮮度を良くする生活習慣

不妊の原因の半分は男性に。妊活は二人で取り組むほうが効果的と言えそうです。妊娠率や胎児の健康への影響があると言われているライフスタイルがないかチェック。サプリメントもうまく使いましょう。

妊婦の腸内環境改善につながる食習慣の見直し方

妊娠中はホルモンバランスの変化で、歯周病の悪化が起こりやすかったり、腸内環境の悪化で便秘や下痢になりやすくなります。食習慣を見直し腸内環境の改善は妊娠する前から行うことで栄養吸収がスムーズに。

妊娠するために早めの準備をする赤ちゃんを受け入れる環境

赤ちゃんはもう少ししてから…と思っている人も今すぐに妊娠するための準備をしたい理由は、「卵子の老化」。遺伝子が傷つかないように守ったり元気な卵子を育てられる体作りは早すぎるということはないからです。

妊娠する前に病院で受けたい体のチェック「体調系」

健康診断は毎年受けるのが大切ですが、妊娠を望んでいる人はプラスして確認した方がよいことも。女性だけでなく、男性もしっかり確認してほしいのが感染症。自費になりますが受けておきたい検査もあります。

妊娠の仕組みを知ることから始まる妊娠活動

男性も女性も妊娠の確率を左右する大きなポイントは基本の健康管理です。安定した排卵があるかも重要。また、妊娠の仕組みを知ることで妊娠待ちの無駄な時間を減らすことにもつながります。