麗人悩み~女性の疑問を解決

女性の悩み、妊娠・出産や恋愛などへの新鮮な情報。また、妊娠時の栄養補給への葉酸サプリ上手に利用する方法をご紹介しています。容姿の美しい女性、麗人にも悩みはあります。

男の勘違いセックスで女性は本当に感じなくなった!まじめすぎる記事

「おっぱいを荒々しく揉みしだきながら、男性が激しいピストン運動で腰を打ち付ける。

苦悶の表情を浮かべながら甘い声を上げる女性の声がひと際高くなると、男性はおもむろにペニスを女性の顔に近づけてフィニッシュする……」

多くの男性がセックスのお手本にしているAVでよく見られるシーンです。

わたしたちは誰でも、ある一定の年齢になればセックスに興味を持つようになります。そのため、保健体育の一環として性教育に関するプログラムなども用意されています。

 

少女魔法学リトルウィッチロマネスク参考:少女魔法学リトルウィッチロマネスク~アリアとカヤと黒の塔

 

とはいえ、そのようなプログラムのなかに「正しいセックス」という項目はありません。

「正しいセックス」とは、もちろん「お互いがオルガスムスに達するためのセックス」のことですが、誰もそんなことは教えてくれないのです。

そのため、AVや雑誌、マンガ、小説などを通じてセックスの知識を身につけつつ、それを見よう見まねで実践していくことになります。

YouTube

[arve url=“https://youtu.be/z70yuchy3Bs” /]

上手な男を目指す!女性がSEXで求めるものベスト3

[arve url=“https://youtu.be/hkT8a8g5NdA” /]

性教育の内容について 性教育が必ず問題視されることは、中学の時点でセックス(避妊)を教えてしまう事ではないでしょうか? 大抵は高校に入り、性病とともに行う内容ですが、中学の時点で”安易に”行うのは、心理的な成長も含め、(キンパチ先生の杉田かおるの役)『避妊さえすればいくらでもセックスできる』と、錯覚されるリスクだと思うんですが。 セックスという生きる上で大事な事を下ネタ扱いにして単に風紀上よろしくないとして毛嫌いする風潮なのか、それとも現実的にも早い年齢に教えるのはリスク対策として好ましくないのか どっちなんでしょうか? Yahoo!知恵袋

 

最近はパソコンやスマートフォンスマホ)などが普及したおかげで誰でも手軽にAVやマンガといったアダルトコンテンツにアクセスできるようになりました。

スマートフォンアダルトビデオを見る若者。

 

思春期の頃からそのようなコンテンツに触れてきたせいで、「AVこそが正しいセックス」なのだと刷り込まれている若者も少なくないようです。

 

アダルトコンテンツは男性向けで、「正しいセックス」ではありません

[arve url=“https://youtu.be/uFpRrekoZx8” /]

[arve url=“https://youtu.be/XlJmU6xXUNc” /]

 

AVなどを見ていると、男性のペニスを腟に挿入して激しいピストン運動をしています。

残念ながら医学的に女性のオルガスムスには男性の腰の動きはほとんど関係ありません。

 

オーガズム(Orgasm)・オルガスムス(Orgasmus)は、 累積的な性的緊張からの突然の解放のことであり、骨盤まわりの筋肉のリズミカルな痙攣を伴い、強い快感を生んだ後に弛緩状態に至るもののことであり、また一面では、喜びを感じ、ゆだねるという心理的な経験であり、その時、心はもっぱら自分の個人的な体験だけに向けられているものである。 Wikipedia

 

単純なことですが、セックスにおいて大切なことは、自分がやってもらって気持ちいいことを相手にもする、ということです。

男性の場合は快感につながる神経が亀頭部分に集中していますから、この部分に刺激を与えることは気持ちいいことです。

ですから、それと同じことを女性に対して行えばいいのですが、多くの場合AVのようなセックスをしがちなのです。

 

AVセックスからの卒業が「正しいセックス」への第一歩

本当に女性が満足できるセックスを目指すなら、お手本にしてきたAVはもちろん、いままでのセックスを捨て去るところからスタートしましよう。

「正しいセックス」の基本は自分が気持ちいいと感じることを相手にしてあげることです。

たとえば、ペニスヘの愛撫でいえば、力任せに握られたり、しごかれたり、噛まれたりしても気持ちいいとは感じないでしょう。指で優しく撫でられたり、唇や舌で愛撫してもらったりすることで気持ちいいと感じるのです。

[arve url=“https://youtu.be/fMpV7HGvIgU” /]

セックスをするときには、このことを忘れてはいけません。AVでは男優が女優のクリトリスをグリグリとこね回したり、バイブレーターを押し当てたり、Gスポットを刺激して潮を吹かせたり、といった激しいシーンが見られます。

しかし、それはあくまでも映像を観る男性を意識した演出であり、男性が抱いているファンタジーを映像化したもの。

 

女性が求めている″愛撫″とは異なります。

 

愛撫はあくまでもソフトに行うのが基本。女性の身体のなかで「陰部神経小体」といわれる性的な刺激を脳へと送る、最も敏感なセンサーの役割を果たす部位があります。

 

クリトリスの図解。

 

男性なら亀頭、女性ならクリトリスに分布されています。

そのクリトリスに対して、あくまでも優しく、飽くことのない刺激を積み重ね、脳を快感で満たすことが重要なのです。

 

激しい刺激などはまったく必要ありません

とはいえ、女性の多くは「セックスでイッたフリ」をしているだけでなく、「こうしてほしい」「こうするのが気持ちいい」といった自らの欲求を多くの場合口にしません。

そのため、女性が望んでいることや求めていることを見抜くのはとても難しいため、普段見慣れているAVのセックスが正しいと思い込み、多くの男性が勘違いしたままセックスをしています。

 

ここからは男性たちの代表的な「勘違いセックス」について、それぞれの行為を女性たちがどのように感じているかを見ていくことにしましよう。

 

[arve url=“https://youtu.be/_cxvcbVtFuE” /]

男の勘違い① ピストン運動は激しいほうがいい

AVなどでは、男優は女優にペニスを挿入すると見せつけるかのように長くて深いストロークを繰り返します。

さらに、バックからの体位では「パン」「パン」と大きな音が響くくらい激しく腰を打ち付けることも。

映像のなかの女優はそんな男優の動きに合わせて甘い声を出していますから、観ている人はそうすることで女性は感じるのだと思ってしまいます。

そして実際に、挿入すると深く、速く、強く腰を打ち付けるほうが女性は感じるはずだと考え、それを実践してしまう男性も少なくありません。

 

本当に女性はそんな激しい腰の動きを求めているのでしょうか?

じつは、女性の腟自体に性感帯はありません。もし腔に神経終末器が集まっていたら、痛くて出産なんてできたものではないからです。

では、ペニスを挿入したときにどこを刺激すれば女性は気持ちいいと感じるのでしょうか?

挿入したペニスによって女性が感じるポイントはふたつあります。

ひとつが腔口から4.5センチ程度の深さのお腹側にある「Gスポット」で、もうひとつが腟の一番奥の子宮の入り口にある「ボルチオ」です。

 

ボルチオの図解。

 

いずれも目に見えるものではないのでわかりにくいのですが、Gスポットは柔らかい腔のなかでコバンザメの頭のようなかたちでそこだけやや硬くなっています。

このGスポットはペニスのカリ部分でこすり上げるように、もう一方のポルチオは先端部分でノックするように刺激することで、女性の性感が高まります。

しかしいずれも、強すぎる刺激は必要ありません。むしろ優しく、ねちっこく丁寧な刺激を積み重ねることで女性の性感は高まっていくのです。

つまり、ペニスの挿入によって女性が気持ちいいと感じるふたつの性感ポイントを効果的に刺激するには、かならずしもペニスを速く強く動かす必要はないということです。

 

男の勘違い② セックスの時間は長いほうがいい

セックスをしている時間に関して、一説には、挿入後2分以内に射精したら早漏、とか、ピストン運動500回以下で射精したら早漏、という基準もあるようですが、最も重要なのはパートナーである女性が満足したかどうか、です。

男性が自分さえ気持ち良ければいい、という意識でセックスに臨むのではなく、女性にも満足してほしい、と努力していれば、トレーニングなどによって早漏は克服できるようになります。

[arve url=“https://youtu.be/xEZTnCd1qDg” /]

女性が満足する前に射精してしまっては、セックスの喜びも半減です

自分が早漏だという自覚がある人は、セックスの前に精神安定剤トランキライザーを服用したり、少量のお酒を飲んだりするのが効果的。

亀頭から得られる刺激の脳への伝達速度が穏やかになり、イキにくくなるという効果があります。

あとは、セックスの最中に定期的に体位を変えるなど、ペニスヘの刺激に変化を与えつつ、なるべく亀頭に刺激が加わらないように注意深くするのもいいでしょう。

これは、女性にとっても気持ちいい体位や角度をいうことです。

セックスの長さについて女性たちの本音を聞いてみると、「あまり長すぎると疲れる」「腟が乾いて痛くなる」といった声も間かれます。

たしかに、ただペニスを腟に入れてピストン運動をするだけのセックスでは、女性の性感は高まらずオルガスムスにも達しません。ですからその時間は「長ければいい」というものではありません。

しかし、わたしが考える、男女がお互いの陰部神経小体を刺激し合う「正しいセックス」は、じっくりと時間をかけて臨むのです。なぜなら、長ければ長いほど、快感が大きくなるからです。

 

男の勘違い③ 濡れてる=感じてる

セックスをするときに、キスから始まって胸、下半身へと愛撫をしていくと、女性の腟は愛液でヌルヌルしてきます。こ

うなればもう準備OK、十分感じているからペニスを挿入してもいいだろうと考える男性は少なくないでしよう。

しかし、それはちょっと早急です。

女性の腟から盗れてくる愛液は、基本的には腟を傷つけることのないように守るためのもの。指や舌などの刺激を感じれば、気持ちいいわけでなくてもぬれてきます。

 

ときに、意思に反した暴力的なセックスにおいても、自分の身体を守るために腟からは愛液が出るものなのです。これを、″濡れているのだから挿入してもOKに違いない″などと考えてはいけません。

 

濡れてきたと感じたらさらに優しく刺激を与え性感を高めるようにこころがけましょう

挿入するタイミングは、女性が十分に感じてから。女性が十分に感じる前に挿入してもまったく気持ち良くありませんから、女性のほうから「挿入してほしい」と言うまで焦らすくらいでちょうどいいのです。

また、女性の性感を高めるという意味ではローションを使うのもオススメです。濡れている、いないに拘らず、ヌルヌル感は愛撫による刺激がそのまま快感につながるので、気持ち良くするための時間が短縮できます。

もちろん、セックスの最中に乾いてしまって痛くなる、といった心配もありません。

最近は肌に触れると温かく感じられる温感タイプのものや、肌に優しい成分のものなども増えており、ドラツグストアなどで手軽に購入することができます。

アダルトグツズだからといって頭ごなしに拒否するのではなく、セックスにおける性感を高め、オルガスムスヘと達するためのツールのひとつとして、積極的に使ってみることをオススメします。

 

男の勘違い④ 「顔射」は喜ぶ

もともとはAVや雑誌のなかだけの性表現だったにも拘らず、ごく普通の男女のセックスにもみられるようになったといわれるもののひとつが「顔射」です。

日本ではAVや雑誌などの性器部分にはモザイク処理が施されるため、単なる中出しやコンドームヘの射精では本当に射精しているのかどうかわかりづらいという問題がありました。

[arve url=“https://youtu.be/tTopYMQet80” /]

そのため、AVでは男性が射精したことの証明として、女性の身体に精液をかけるようになったといわれています。

やがてそれが高じて、女性の身体ではなく顔に射精する「顔射」が登場しました。女性の顔を精液で汚す「顔射」は、男性の征服感や独占欲を刺激してくれる表現として一気に人気を集めました。

AV作品のなかでは、女優が笑顔で「顔射」を受け止め、顔にかけられた精液をうっとりと紙めとったりしています。その結果、このAVならではの性表現が普通の男女のセックスに入り込んでくることになったと考えられます。

AVをセックスのお手本としている若者たちのなかには、セックスでは「顔射」をするのが当たり前という人も少なくないといいます。

いざ射精しそうになると、おもむろにペニスを抜いて顔の近くまでにじり寄り、射精するのだとか。

AVは男性向けのフアンタジーであるにも拘らず、それが普通のセックスだと思っている人も少なくないのですから驚きです。

 

女性は顔射が嬉しいものなのでしようか?

結論からいうと、決して「嬉しい」ものでも「気持ちいい」ものでもないといえそうです。

たとえば「目に入ると怖いから緊張する」や「鼻に入るとなかなかニオイがとれない」「髪にかかったらシャワーを浴びなきゃならなくて面倒」といった声が圧倒的。

顔射に理解のある女性でも、「あったかいなあ」という感覚があるというだけで、精液をかけられることで「嬉しい」「気持ちいい」といった満足感を得られることはないようです。

「顔射」というのは、あくまでもAVで観るためのもの。実際にやったところで相手が喜ぶわけではありませんから、マイナスと考えたほうがいいでしょう。

 

男の勘違い⑤ お酒を飲むと感度が上がる

男女がセックスをするとき、とくに初めてセックスする相手と結ばれるときなどには、お互いの緊張を和らげてリラックスしたり、勢いを借りたりするという意味でもお酒は効果的といえるでしょう。

 

お酒を飲んでリラックスしすぎも要注意。

とくに、女性は男性のようにいきなリヤル気になるということはなく、性感を高めるためにはリラックスすることが重要です。

その意味では、お酒を飲むことでよリセックスを楽しむことができるようになるはず。

すでに何度も身体を重ねている相手であっても、適度なお酒を飲むことで大胆になれますし、心身ともに解放されて素直にもなります。さらにいえば、欲望だって高まります。

そのため古代にはお酒が媚薬として使われていた時代もあるのだとか。

 

お酒を飲むことでセックスにおける感度が高まることはありません

むしろ、セックスの快感という意味においては逆効果になってしまうことのほうが多いといえるでしょう。

お酒を飲んで酔いが回ってくると、男性なら勃起が妨げられます。さらに、性感を脳に伝える神経伝達が抑制されて反応が鈍くなるため、セックスをしてもイキにくくなります。

女性に関しても同じで、オルガスムスに達しにくくなってしまうのです。普段から飲酒をしている女性は、オルガスムスに達するためにはより多くの、より強い刺激が必要となるという研究結果もあるといいます。

お酒を飲むというのは、セックスに至るまでの雰囲気づくりやきっかけとしてはとても効果的といえるでしょう。しかし、くれぐれも酔っ払うまで飲みすぎないように気をつけることです。

 

男の勘違い⑥ 女性は言葉で責められたい

「スケベな身体だな?」

「いやらしい音がしてるよ?」

「もうグチョグチョだね?」

AVなどでは恥ずかしい言葉で女性を煽り、性感を高めているシーンが少なくありません。

そのような言葉責めによって女優が感じている様子を見ていると、実際のセックスにおいても女性は恥ずかしい言葉で興奮するのだ、と感じる男性は少なくないでしよう。

たしかに、女性向けサイトでのアンケートによると、言葉責めが「好き」と回答した女性は少なくありません。

言葉責めに対する意見としては「ちょっと意地悪にされると感じる」といった積極的な肯定派から、「思っていることや感じていることを言ってくれないと気持ち良くないと感じてしまう」や「無言よりはいい」といった消極的な肯定派までとバリエーションがあります。

 

言葉責め否定派も相当数います

言葉責め否定派からは、「うるさい」「面倒」「AVみたいで興ざめする」といったものも。無言よりはいいけれど、やりすぎは禁物と心得ましよう。

たとえば、「どうしてほしい?」「何が欲しいの?」などと恥ずかしい言葉をムリに言わせるような言葉責めをすると、女性が急に現実に戻ってさめてしまうことがあるので注意が必要です。

最も肯定的な意見が多かったのは、「濡れてるよ」とか「腰が動いてるよ」など、女性が意識していないエッチな部分を実況するような言葉責めです。たとえどんなに男勝りな女性であっても、ベッドでは男性の力強さに身を委ねたいもの。

そんなM心や羞恥心を言葉で少し煽るのはアリといえそうです。

 

超ソフトを心得よ!

これまで見てきた男性の勘違いのすべては、かならずしも男性の一方的な欲望を満たすためのものというわけではなく、女性も喜ぶはずだ、と感じていることが大きな問題です。

男性たちも良かれと思ってやっているからこそ、いつまで経っても勘違いがなくなりません。その結果、男性のセックスは上達せず、女性たちはオルガスムスに達することができないのです。

良かれと思ってやっていることが、じつは相手にとっては何の意味もなかったり、不快だったり痛かったりしたとしたら、充実したセックスなんて望むべくもありません。

たしかに、誰も「正しいセックス」がどのようなものなのかということを学んでいない以上、セックスがある程度人によって異なる、自己流のものになってしまうのは仕方のないことかもしれません。

 

セックスを充実したものへと変えたいなら、今すぐにできることはあるはず

まずは、セックスや愛撫においては自分がしてもらって嬉しい、気持ちいいと感じることを基本とするのが大切です。性感帯が集まっている乳首やクリトリスヘの愛撫に強すぎる刺激は禁物。

あくまでも「超ソフト」が基本と心得ましょう。

一定の刺激を与え続けることができるバイブレーターやローターなどを弱めに調整して使ったり、ヌルヌル感が気持ちいいローションを使ったりするのも性感を高めるうえでは効果的です。

お互いの性感を高めるためのツールのひとつとして積極的に取り入れてみましょう。また、セックスはひとりでできることではありませんから、お互いが「こうしたい」「こうしてほしい」ということを伝え合うことも大切。

自分の欲求を口にするのは憚られるかもしれませんが、口にしなければわからないこと、伝わらないことは少なくありません。

 

自分が気持ちいいことを相手にするのが「正しいセックス」

自分がしてもらって嬉しいことや気持ちいいと感じることを相手にするためには、自分の身体のことと同じくらい女性の身体のことを理解しなくてはなりません。

まずは、男性の性感と女性の性感の違いをきちんと理解しましよう。

男性は、主に視覚から得られる情報に興奮して、勃起すれば射精まで一直線で性感が高まっていきます。

女性の性感はもっと複雑です

セックスしたいという気持ちになるために一度リラックスする必要があったりしますから、ムードづくりにも配慮しましょう。

また、性感帯が集中しているクリトリスヘの愛撫は優しく、しつこく、集中的に。

挿入してからは激しくピストン運動するのではなく、ペニスをゆっくりと動かして腟のなか4.5センチ程度のお腹側にあるGスポっトと、子宮の入り口にあるポルチオを集中的に責めるようにします。

とはいえ、意外な場所に性感帯があったり、いままでやったことがないことで驚くような快感がもたらされたりというのもセックスの醍醐味です。

 

お互いに正直になり、ときには冒険もして、より良いセックスを目指しましよう

男性は「こうすれば感じるはずだ」という思い込みを捨て、女性の身体のメヵニズムヘの理解を深め、しっかりとした観察眼を養いましょう。

相手への理解を深め、その反応を冷静に見極めることで勘違いすることもなくなり、セックスがより充実したものになるはずです。


この記事に使用している「似顔絵」は、可愛い!ソックリ! - カリカチュア似顔絵、プレゼントにおすすめ! から引用させていただいています。